遮熱効果で冷房費削減

屋根裏温度効果

一般的に工場など折板屋根の表面温度は夏場は60度以上になるため、
室内温度も上がりやすくなります。
太陽光発電を設置すると屋根への直射日光を遮るため、冷房効果が上がり、
電力消費を削減につながります。
太陽光発電を設置すると、屋根材の上に設置した太陽電池モジュールが遮熱板となり
夏は屋根への直射熱が軽減され、冬は保温効果により屋根裏が温められる為、
屋根裏温度が「夏は涼しく冬は暖かく」なります。
太陽電池モジュールの設置により屋根裏温度は夏場で 約-10℃、冬場で 約+5℃もの変化があります。

 

太陽光設置前後の屋根裏温度の変化

CO2削減で環境に優しい企業に 電力需要削減へ

PAGE TOP