電力需要削減

太陽光発電で電気料金をお得に

太陽光発電によって得られた電力を使用することにより、
電力需要量を削減することができます。
電力会社の商用電力系統と連系することで、電力が不足する場合は
商用電力系統より買電し、余剰電力が発生すれば電力会社に売電します。
電力購入の抑制と売電によるトータルな電力コスト削減が期待できます。

電力会社への売電

昼間発電した電気は、ご家庭の電力として使う事が出来るため、その分の電気代はかかりません。
使用しても余った電気は電力会社に売ることが可能な為、面倒な手続きや作業は一切不要です。
毎月電力会社より売った分の電気代がお客様の口座に入金されます。

夜間は発電できないため、電力会社から買電(電気を購入)します。
その際、夜間の電気代を安くする時間帯別電灯契約を利用すれば、さらに効率的に電気代を節約することができます。

時間帯別電灯契約とは?

PAGE TOP