CSRアピール

CSR(企業の社会的責任)に取り組む企業が増えています

今後は企業の規模に関わらずCSRに取り組むことが当たり前になるでしょう。
CSRへの取り組みは単なる環境保護活動ではありません。
CSRは自社の事業を軸に環境をはじめ、社会、経済に全体に対し、積極的に企業の責任を引き受けることです。
できることからCSRに取り組むことで、その姿勢が評価され、信頼へとつながります。
他社に比べ早い時期からCSRに取り組んだという事実は今後必ず企業のプラスイメージになります。
そのためにもCSRに取り組むことと、同時にCSRを積極的にアピールすることが今後重要と考えます。

太陽光発電でCSR活動

近年、地球温暖化・天然資源の枯渇の懸念から、各企業の環境運動が急速に高まっています。
地域社会への貢献度、日本国民としての義務のみならず、「地球市民」として地球環境を保全しようとしているか?
積極的に社会へ関与しようとする姿勢の表明が求められる時代になってきているのです。
地球温暖化を抑制するには、個人や企業が進んでCO2削減を実施しなければなりません。
CSR(Corporate Social Responsibility:企業としての社会的責任)を表す行動が必要とされているのは、
大企業だけではありません。
今や全ての企業が取り組まなければならない課題となっているのです。
そして、その姿勢を広くアピールすることで、企業イメージのアップにつながります。
そのアピールの一つの形が「太陽光発電システム」である、と答える企業様が増えています。
排出物がなくクリーンで、太陽光という非枯渇のエネルギーを使用した環境に優しいこの発電システムこそが、
御社のCSRに多いに貢献するでしょう。

グリーン電力証書

グリーン電力とは?

グリーン電力とは、太陽光、風力、バイオマス(生物資源)地熱、水力といった自然の恵みから生まれた
「自然エネルギー」によって発電された電力のことです。
自然エネルギーは、石油や石炭等といった二酸化炭素を多く排出する化石燃料や原子力による従来型のエネルギーとは違い、
地球環境に優しい持続可能なエネルギーです。
「グリーン電力証書」 は、自然エネルギーの確かな「環境価値」を証明書として証書化し、誰でも購入できる仕組みです。

 

また、自然エネルギー発電所に証書の購入費用がわたることで、これからも地球環境や私たちの
未来のために役立つ発電を続けていくことができます。

 

グリーン電力の種類


グリーン電力のメリット


環境教育

CO2削減やの天然資源の枯渇に対する対策は企業だけでなく、
一人一人が意識的 に環境保護に取り組むことが重要です。
環境教育は環境保護の中でも直接的な保護活動と共に重要です。
特定の機関が教育活動の責任を担うのではなく、政府や学校、企業とあらゆる機関で
環境保護に取り組む事の重要性を伝え続ける必要があります。

防炎対策

PAGE TOP