CO2削減で環境に優しい企業に

人間が排出するCO2-地球が吸収できるCO2=増加するCO2

大気中の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスは気候システムの微妙なバランスを保っています。
これが近年劇的に増加傾向にあり、(過去65万年で最大)、その主因は人間活動を支える石油などのエネルギー消費です。
人間が化石燃料消費に基づいて排出しているCO2量は炭素換算で年間約72億トンでそのうち約31億トンは
海洋や陸域が吸収しますが、残りの約41億トン分は時々刻々大気中に蓄積され続けています。

 

太陽光発電でどのくらいCO2を削減することになるのでしょうか?

太陽光発電は発電時にCO2を発生させないクリーンなシステムです。太陽光発電を導入するご家庭が増えれば増えるほど、
CO2排出量の抑制にも役立ちます。10kWの太陽光発電システムを設置した場合、年間でおよそ3,188kgのCO2を
削減できる計算になります。
これは、石油に換算すると約2,300リットル、
森林面積にすると約9,000平方メートル分に相当します。

今、世界各国で議論されている地球温暖化問題。発電時にCO2を発生させない太陽光発電システムは、
そんな地球温暖化対策の切り札として、先進国の各家庭への普及が推進されています。

 

温室効果ガス削減

太陽の光から電力をつくる太陽光発電システムなら、発電時のCO2発生はゼロ。
石油などの化石燃料を使用することなく、クリーンなエネルギーを毎日の生活に利用することで、
地球温暖化の原因とされるCO2の削減に大きく貢献できます。

無尽蔵な太陽エネルギー

石油やガスなどの「有限」な資源とは違い、太陽光は誰もが「無限」に享受することができるエネルギー資源。
そんな太陽の光から電力をつくる太陽光発電が各家庭に普及すれば、限りある資源の使用量を大幅に減らすことができます。そして将来的に、私たちが生活で使用する電力の多くを太陽光発電でまかなうことができれば限りある資源を守り、
さらにはCO2も大幅に削減できる、地球にやさしい「低炭素社会」が実現できるのです。

遮断効果で冷房費削減へ

 

 

PAGE TOP