防災対策

自家発電だから災害時も安心

太陽光発電は使用する場所で発電するので、送電ロスがない合理的なシステムです。
また、災害等で大切なライフラインが途絶えたときでも、自家発電だから安心です。

地震や台風などの災害により、停電になっても太陽光さえあれば
自立運転機能により、専用のコンセントに使用したい電気製品のプラグを
差し込めば、発電している分の電気を使うことができます。
災害時の停電や計画停電時に、太陽光発電システムの自立運転機能を
利用することで、電気を使うことができます。
また太陽熱利用機器のタンク内のお湯(水)は、電気・水道が止まった
場合でも非常用水として使用することが可能です。

この機能を使うとおおむね以下のことができます。

自立運転はココに注意!

充電器や電気ポット、炊飯器、冷蔵庫、電子レンジ等はほぼ使えるようですが、
複数の機器を同時に使用して、消費電力が1,500Wを超えた場合、容量オーバーとなり電気が遮断されてしまいます。
また、曇りや雨などで発電量が少ない場合は、発電量が下がるので携帯電話の充電器など消費電力の小さな機器を
中心に使うようにするとよいです。

一方、エアコンやオーブンレンジのような大きな電力を必要とする機器は避けたほうが無難です。
また、掃除機・洗濯機・冷蔵庫などのモーターを使用している機器や大型テレビなどは、
使用時に電力の変動が大きいので、例え消費電力が1,500W以下でも、うまく動かない場合があるようです。

太陽光発電は日射によって、電気を作り出すため、日射がない夜間は電気を作ることができず、
機器を使うことができません。
最近は、太陽光発電システムと連動する蓄電池も発売されています。
蓄電池をシステムに組み込むことで、日中に蓄電池に充電を行い、夜間でも自立運転を行うことが可能になります。

自立運転では、普段使っている家庭内のコンセントには電気は通じていないため、天井の照明も使えません。
自立運転で使えるのは、非常用の自立運転用コンセントだけです。専用コンセントの場所は家庭によって様々です。
ドラムリールや電源コードリールなどと呼ばれる長い延長コードを用意しておきましょう。
コンセントが屋外にある場合など、通常の延長コードでは使用する機器までの長さが足りないことが考えられます。
また、充電ができる電池や消費電力が少ないLEDライトがあれば、夜間に役立ちます。

電力需要削減 CSRアピール

PAGE TOP